in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in CD感想

【感想】濡羽の家の祟り婚 夏の章 盲いた愛

-0 COMMENT
こんにちわ~ スズハトです!拍手、訪問ありがとうございます\(^o^)/

9月は更新回数を増やしていこうと思っているので、お付き合いしてくれると嬉しいです。


さて今日は、ひつじぐもさんから出ている『濡羽の家の祟り婚』シリーズの二巻の感想を書こうと思います。



こちらは、R18推奨作品になっております。
閲覧にはご注意ください。




ちなみに、私は一巻買っておらず、二巻のみ買いました。
本当は、一巻も買った方が話も分かりやすいのかなーって思っていたんですけど、以外に二巻だけでも物語として、しっかり楽しめたのでよかったです(^o^)

(ちなみに、二巻を買った理由はキャストさんとストーリー目当てでした。)

そして、ちょっと特徴な所は主人公が盲目な所。
聴いてる人と主人公が同じポジションになるので、ここの使い方がめちゃくちゃ上手いなと思いました。

登場人物は、

☆主人公(盲目)
☆里見稔(大学生)
☆里見の友人(大学生)
☆主人公の母親(一巻の主人公)

この四人になります。

物語は、里見くんが主人公が住んでいる濡羽の家に(婚礼をする為)やってくる所から物語が始まります。あと、R18なので9割方エッチンしています。

一言でネタバレせずに感想を言うと、『騙された....』です。




ここから、ネタバレ有のさくっと感想です。ご注意下さい。




最後に崖から突き落とされました(物理的ではなく)



里見くんが濡羽の家に来てから、主人公の所に夜這いに来るんですけど、婚礼前に『僕たちは晴れて夫婦だ...』『婚礼前に夜這いが見つかったら大変だね』って言っていたのに、まさかの友人が婚礼の相手でした!!!!!ってオチ。

ちなみに、里見くんは生き別れのお兄ちゃんでした。

生き別れのお兄ちゃんは、なんとなく想像できて、作中で『僕たちは生まれる前から運命の赤い糸で結ばれていたんだよ...』みたいな事を言っていたので。

『友人が生き別れた妹と結婚することになって、婚礼までに、自分の想いを伝える為に肌を重ねたお話』って感じだと解釈しました。

生き別れになった理由を作中で、『昔、小さい頃に妹が可愛いくて、いじめちゃったんだよね』って話してたんですけど、いじめってどういういじめだったんですかね?そこがちょっと気になりました。『可愛いくていじめちゃった』っていうパワーワードを、あの綺麗な紳士な声で言うのが凄い破壊力ありました。



そして、里見稔っていう名前も『友人』の名前でした。主人公の母親にも『私があなたの娘の婿となる里見稔です。よーく顔を覚えてくださいね。』って言っていて、母に対してもめちゃくちゃ用意周到。

ちなみに、お兄ちゃんは婚礼直前に東京に帰りました。 主人公も盲目ですし、お兄ちゃんを探す事も難しい。顔も分からん。こりゃ完全に一本とられた。

このお兄ちゃん相当怖いです(((^^;)

久しぶりにシチュエーションcd買いましたが、エッチンシーン、ストーリー引っくるめて面白かったですし、刺激的でした笑



さて、明日か明後日にはSWEET CLOWNの久瀬くんの感想を更新しようと思います(^o^)






スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。